独り言@パレWorld

日記って苦手で、とにかく、思い付いた時、吐き出したい時に活用する、完全に、パレの主観による、プライベートスペース。
沢山の友達が欲しい訳ではなく、感性の近い人と出会いたい
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Google
 
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
パレお勧め
かみさん お気に入り
<< 戦えるけど、サッカーしてる選手は? | MAIN | W杯イヤー! >>
真面目だなぁ。 [サッカー
JUGEMテーマ:スポーツ


 【FIFAコンフェデレーションズカップ ブラジル2013】
イタリア VS 日本 を観て(TV観戦)

 
 
    やっぱり真面目だなぁ。
いや、日本らしい、まさにジャパン・サッカーなんだけどね。

真面目に一生懸命やった日本が負けて、手を抜いてマリーシアをバンバンやったイタリアが勝利したのが、世界レベルって感じですかね(^^ゞ


 

  先制点になった 岡崎 のプレーが正に、真面目に一生懸命なジャパン・サッカー!
ブラジル戦で感じたように、決して、結果ほど、弱くは無かった日本・・・だが。。

イタリアは、疲れてたねぇ。
全然動けてなかった。
バロテッリ が大人しく見えたのは、初戦のイエロー1枚に怒られた?
暴れる気力が湧かないくらい、疲労が溜まってたように思う。

だから、か〜なり手を抜いたディフェンスをしてたし(肝心なとこだけ集中)、攻撃時も、全体の集中力が上がるまで、手を抜いた攻撃してた。
見えないとこで、かなり嫌らしいディフェンスして、体力をセーブした戦い方をしてた。

それに対して・・・
走ったねぇ。
走らせないとならないのに、イタリアを走らせる以上に、自分達が余計に走ってた。
その[余計に走る]ことが、イタリア守備陣の[予想外]を招いて、結果、得点になった。

つまり[予想外]!

ただ真面目なサッカーじゃ、世界トップレベルのチームには、[想定内]になって、守られるってことね。
その証拠として、後半は、前半のプレイから日本のデータを取り入れ、イタリアの[想定内]として、守備網が修正されていた。

だからこそ、高い次元での”遊び”=”プレイ”=”サッカー”の同意語とする試合だろうって話ね。

当然、高い次元の”遊び”なんだから、特に”遊び心”のラストパスは、一瞬の強い集中力で制度の高いものじゃないと意味がない。
日本の真面目なサッカーは、度々、途中まで高い精度のパス交換から、完全に相手の守備網を崩すのに、最後に集中力を欠いたようなラストパスで終わることがある。
仮に、それがチャレンジするパスで、結果のパスミスであれば、同じ試合の中で「練習だったのか」と解る同様のシーンが生まれる筈だけど、それが無いので、やはり集中力を欠いたラストパスだったと思ってしまうことが多すぎる。

世界は逆だ。
途中はギリギリ「通れば良し!」のようなパス交換が続いたとしても、ラストパスは、それまでにないくらいの高い集中力での精度の高いもので、結果、ゴールを呼んでいる。

どんなに真面目に一生懸命やっても、最後に報われるかは、重要な場面で、どれだけ集中力を保てるか?なんだろうね。
一生懸命走り、走り過ぎて、最後に必要な集中力のエネルギーが尽きてるんじゃないかねぇ。

元イタリア代表の インザーギ を思い出す。
代表に再起した頃は、結構走ってたけど、元々は、90%消えてても、たった10%の輝きで、勝利のゴールを決めてしまうくらい、極端な例の選手。
ゴールを決めれると言うパスにしか反応しないってくらい、試合中「あれ? インザーギって出てたよなぁ?」って思うくらい消える時間が多かった。

サッカーの主流が、FWも高い位置からのチェイスなどディフェンスするってなったころ、リーグでも代表からも主要メンバーから外れてた。
再起した頃は、良い意味での手抜きの上手さを残しつつ、ディフェンスに貢献する運動量を見せて、特徴である”ここぞ”の場面での決定力は健在の得点力だった。

日本に戻すと、いわゆるドーハ組の多くは、一部の選手を除いては、明らかに基礎技術が遥かに世界から下回る選手が多かったけど、強いハートと、良い意味で、試合中の集中力のON/OFFが上手い選手ばかりだったと思う。
技術プラス、集中力のON/OFFが上手かったのは、 ラモス 瑠偉 ・ KING ・ 武田 修宏 かなぁ。
ラモス瑠偉 や KING は当然だけど、 武田修宏 は、和製インザーギと言えるくらい、試合中、多々”消える”けど「そこに居た〜」ってくらいこぼれ球をゴールしてた。

当然、現代サッカーでは、当時の彼らのサッカーでは、運動量が足りないので、ゲームを壊しかねないけど、現在居たら、現代サッカーに合わせて、運動量を上げつつ、やはり集中力のON/OFFが上手いサッカーをやってると思う。
特に ラモス 瑠偉 なら、高い次元での”楽しい”サッカーで、世界と対等に闘ったと思う。
ラストパスがお洒落だったなぁ。
中でも好きなのが、華麗なラストパスを出した後、結果も見ずに、背中を見せて、元のポジションに静かに下がっていく姿が「くぅ〜」だった♪

そんなサッカー観てぇ〜〜〜〜〜
10:06 | サッカー | comments(0) | trackbacks(0)
参加中ブログランキング→
良ければ、レビューしてちょ
Comment
コメントする   コメントの際、必ず、こちらを御読みください。









この記事のトラックバックURL   トラックバックの際、必ず、こちらを御読みください。
url: http://soliloquy.pare-world.net/trackback/1040278