独り言@パレWorld

日記って苦手で、とにかく、思い付いた時、吐き出したい時に活用する、完全に、パレの主観による、プライベートスペース。
沢山の友達が欲しい訳ではなく、感性の近い人と出会いたい
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
Google
 
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
パレお勧め
かみさん お気に入り
<< 2017年11月29日のつぶやき | MAIN | 2017年12月22日のつぶやき >>
相撲って、スポーツなのか? [つぶやき

JUGEMテーマ:ニュース

 

連日のニュースに、全然関心が無かった俺も、あまりの大人達の矛盾に、思わずつぶやき(笑)

 

まず、そもそも、相撲って、スポーツなのか?

相撲を愛しているって自負しているファンにも、スポーツの話をしている人も居るくらい、

 「何の話をしてるんだ?」

と思える番組ばかり。

よくもまあ、あんなに無駄な時間を浪費できるなぁと。

そんなに、金持ちばかりなのだろうなって想う。

 

シンプルに言えば、事は、警察を窓口として、司法に委ねられ、検察の結果待ちと言えど、司法の上では

 [加害者:元横綱日馬富士関]

 [被害者:貴ノ岩関]

で、関係性は出た状態だよね。

 

司法を信じないって前提での話なら、何を話しても、どんな仮想を話しても良いけどね・・・


司法に対して、明確な不信感の元での会話じゃないなら、検察の結果が出る前に、少なくても、関係者(協会を含む、相撲関係)以外が、仮想の話は、時間の無駄でしょう。

むしろ、場合によって、勝手な憶測で話したことを、公共の電波に乗せれば、関わる人の、人権侵害や名誉毀損だってあるわけで、終わった後で「知らなかったからね」で済まそうとする習慣は、見ていて醜い。

 

スポーツだと言うなら、新化も必要だし、ルールの明確化も当然で、そして、スポーツなら、暴力は、どんな理由があろうが、どんな事情があろうが、司法の裁きに委ねられ、社会的制裁も、当然でしょう。

なので、一方で、海外勢を容認している時点で、ルール明確化などの進化を推奨していて、一方で、加害者と断定されている側の人間性を、好意的な一方行の報道をして、あたかも、殴られた奴に原因があるみたいな風潮ができるようにしてるのには、大きな矛盾を感じる。

 

「暴力は駄目だけどね・・・」って何だ。

理由に正当性があれば、暴力を容認するって意味が含まれてる。

 

そんな人間が多いから、『・・・そこで謝罪してれば、あそこまでには至ってない・・・』みたいな、さも、被害者の原因が大きいみたいな思考がでる。

 

「礼儀を教えたくて・・・」

はぁ?

 

敬意と礼儀って、いつから、暴力によって、”押し付ける”ものになったの?

 

「品格の意味が解らないから、ルールを明確化にすべき」

はぁ?

 

日本人の、想像力が減った、一つの要因は、何でも、いちから教える習慣が増えたことだよ。

有名な例で言えば、すし屋などの職人が、何年も修行して、一人前になる過程だよ。

何故?

ある人が、マニュアル化して、効率化して、最終結果の 味 に対して、何十年も修行した人にも、匹敵、もしくは、超える味を出せる職人育成プログラムを作り出したってやつ。

その通りだよね。

結果を出すだけなら、その方が効率的だし、修行なんて苦しい時間の途中で逃げ出して、職人と言う人力を失わないだろう。

 

教えず、見て、盗め。

この過程には、自分で悩み、自分で 想像 する経験をする訳だ。

米1つ炊くにも、どれほど、食べる人の事を想ってって気遣いがあるのか?なんてことに、自分で気づくことに、意味がある訳だ。

 

ある人が、世の中の事件に対して、

 「想像力の欠如が、凄惨な事件までをも起す」

って言ってた。

 

なくならない飲酒運転。

「酔って事故を起す訳が無い」って過信。

起した時、自分の人生以上に、他人の命を失った時、その罪は、一生背負うって想像ができないから。

自分の大切な人が、そんな酔っ払いの事故により奪われるってことも、想像できない。

 

なんで?

 

本を読まないとか、何でも、他人に、または、機械によって答えを得ようとして、自分で導き出そうとしないから、思考も短絡的になる訳だね。

自分で考える訓練が、昔の日本人の環境に比較して、圧倒的に少ないから。

 

だから、メディアの情報に左右され、さんざん叩いて、真実が解って、逆が真実だった時、自分の罪(軽率な決め付けによる、名誉毀損など)を棚に上げて、平気で味方面できる人間が増えている。

これも、逆の立場=自分が被害者になったことを想像できないからね。

 

その意味で、相撲が、スポーツでなく、武道なら、品格について、ルール化するなんって、その思考が、愚かしい。

自分で感じて、そこ(品格)に到達することに、意味がある。

 

俺は、そもそも、昔から、相撲には、関心が無いです。

そんな俺でも、ウルフと呼ばれた、千代の富士は、カッコイイ横綱として、記憶されているほど。

俺には、あの人には、[品格]があったと思える。

「それは、なに?」と聞かれても、明確には、答えられないけどね。

 

日本の[わび・さび]を筆頭にする、美意識と言うのは、日本固有の文化だと想う。

<黙して語らず>も、決して、黙秘って話じゃない。

大切な人間に対して、間違いを、解りやすく教えることをぐっと堪えて、成長を見守る(成長を信じる)って感じのことだったり、感謝を言葉で伝えずに、その後の生き様で伝えるなど、日本独特の わかりにくい 美意識があります。

 

この思考で結論付けるのは、結局は、運営団体である、相撲協会と言う組織なのか、横綱審議委員会なのか、品格を見極められないのか、敢えて野放しにしたのか、それが、元凶って思える。

 

見て、盗めって習慣での[品格]なら、どんなに成績と言う 数字 を出しても、横綱に認定せずに

 「何が駄目で、横綱になれない?」

と言われても、凛として、

 『それは、己で到達して貰わないとならない』

として、突っぱねる必要がある。

 

そして、直属の上司である、親方が、[品格]ってものへと、導く必要があると思う。

 

ルール化せずに、武道とするなら、結果と言う数字ではなく、人間性を、”魅せる”団体で有り続けなければならないと想う。

 

謝罪をルールとする時、それは、司法での処罰に相当する。

 

心からの謝罪には、暴力などの強制力は、矛盾した行為だ。

そこには、”心”が無いからね。

 

スポーツなの?

武道なの?

何を前提として、大の大人が、公共の電波を使って、無駄な会話を垂れ流してるのか?って想うわ。

 

14:57 | つぶやき | comments(0) | trackbacks(0)
参加中ブログランキング→
良ければ、レビューしてちょ
Comment
コメントする   コメントの際、必ず、こちらを御読みください。









この記事のトラックバックURL   トラックバックの際、必ず、こちらを御読みください。
url: http://soliloquy.pare-world.net/trackback/1040367