独り言@パレWorld

日記って苦手で、とにかく、思い付いた時、吐き出したい時に活用する、完全に、パレの主観による、プライベートスペース。
沢山の友達が欲しい訳ではなく、感性の近い人と出会いたい
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Google
 
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
パレお勧め
かみさん お気に入り
<< 小さな幸せを貰った | MAIN | 着ぐるみの意味は? >>
優勝国は・・・・ [サッカー
FIFA WorldCup2006 ドイツ、開幕まで、後1ヶ月ちょっとと成ったねえ。
日本代表の応援は、もちろんのこと、あわよくば、優勝も期待したいが・・・

俺のメインページ パレWorld での 【試してみました】 を読んでくれた人は知ってると想うけど、その 『予想ネット』
 で、早い次期から、優勝国予想が開始されてます。

今日は、これについて、俺の見解を(^^ゞ

優勝を予想するには、段階として、一次予選の、各グループで、どの国が抜けて来るのかってことを予想することになるよねぇ。

世間では、各グループから、どこの国が抜けて来ると思ってるのかねぇ。
いや、実は、俺の予想って言っても、ギャンブルみたいに、データや、一般的な見解など、全然分析してません(汗)

ほとんど、俺の希望的観測(応援したいor注目)と言った、独断と偏見が多く含まれた[予想]です(笑)

では本題・・・

死のグループは、CとEで、微妙なのがDと想ってて、これら三つは、後で語るとして、残りのグループを順に書いてみます。

■Group A:[ドイツ と エクアドル]
このグループの予想としては、ドイツが単独首位になるか、もしくは、4ヶ国が接戦になるように想う。

■Group B:[イングランド と パラグアイ]
イングランドは、全勝する気がする。
King KAZU とプレーした、ヨーク が居る トリニダード・トバゴ が気に成る存在だが、勝ち点差で、 パラグアイ が2位で抜けるように想う。

■Group F:[ブラジル と 日本]
ここは、語る必要無しって感じかな(笑)

■Group G:[フランス と スイス]
フランス は、以外に苦戦しそうだが、順当に1位抜け。
韓国を応援して無い訳では無いのだけど・・・何故、2位に スイス か?
EURO2004で、最年少ゴールを決めた、 フォンランテン(FW)の活躍を期待してるから(^^ゞ
18歳4カ月でのゴールは、フランスの守護神バルテズを破ったゴールだった。

■Group H:[スペイン と ウクライナ]
スペイン 1位の、ウクライナ 2位。
なんと言っても、やっと世界No.1ストライカーと名高い、シェフチェンコ が、W杯に出場すること!!!!
多分、シェフチェンコ にとっては、最初で最後のW杯になると想うので(30歳)、W杯でのプレーを、しっかり、目に焼き付けたいと想う。

さて、後は、死のグループを含めた、三つのグループだけど、まずは、気に成る、このグループから・・・

■Group D:[メキシコ と ?]
順当に考えれば、メキシコ(強いわ)1位 と ポルトガル(応援してる)2位 になるのだろうけど、解らないグループ。
アンゴラ に関しては、全く解らないので、未知数。
アジアでの安定感としては、イラン が、本番で、どれだけの力を発揮するのか?って感じ。
メキシコ が1位だろうけど、ポルトガル は、個々の選手能力は、毎回、高い選手が多いのだけど、組織として、不安定なことが多いのが気に成る。
個々の能力だけで言ったら、ポルトガル が1位だと想うのだけどね・・・

死のグループ、1つ目
■Group C:[ ? ]
順当だと、1位は、アルゼンチンで、2位は、オランダ なのかなぁ。。

一番気になるのが、チェルシー所属FW ドログバ を擁する コートジボワール。
どんなボールでも、ゴールにしそうな強さがある。

セルビア・モンテネグロ には、彼も、多分、最後のW杯になると想うけど、プレースタイルが大好きな、インテル所属の スタンコヴィッチ が居るし、幾つかのリーグで得点王になっている(国内リーグ・パルチザン・ベオグラード時代と、オランダリーグ・PSVアイントホーフェン時代)、アトレティコ・マドリード所属の ケジュマン も居るしで、全く予想できない。

死のグループ、2つ目
■Group E:[ ? ]
ここは、多くの人が、イタリア の1位予想なんだろうけど・・・
下手すると、2002年の悪夢が再来しそう。
つまり、イタリア の一次リーグ敗退の可能性。

 まずは、ガーナ だけど、アフリカネイションズカップで過去4回の優勝と、常に、強豪と期待されながら、やっと来た初出場。
無気味なのは、無名な選手を多々起用してて、そんな時こそ、凄い強さを発揮してることが多いこと。

 次に、チェコ共和国。
分離独立前の チェコスロバキア時代では、準優勝2回を含み、8回の出場を果たして居るけど、分離独立後は、バロンドールを獲得してる ネドヴド を擁しながらも、今回が初出場。
一度は、代表引退を表明した ネドヴド は、「プレーオフのみ」としての代表復帰だけど、是非とも「一つ足りない・・」と言った、W杯を掲げる為にも、本戦に出場して欲しい。
チェコの魅力は、なんと言っても、両サイドの高速ドリブラーから繰り出されるサイド攻撃と、打点の高い コラー の破壊力。
そして、ここに加わる、多彩なリズムを奏でる ネドヴド。

 次に、アメリカ。
なんと言っても、過去7回の出場と言う実績と、今回の出場で、5大会連続出場だってこと。
俺の見方では、過去の試合を見ても、個々の能力では、それほど、怖い選手は居ないように想うのだけど、驚くのは、勝利への執念と、局面での集中力の高さは、”強いアメリカ”と言う国民性そのままのサッカーを見せること。
「チャンス」と判断した時の、怒濤の攻めは、個人とか組織力とかってものには関係無く、120%以上の力を発揮して、勝ちを納めてる気がする。
もしかすると、イタリア を苦悩させるのは、この アメリカ かも知れない・・・

『予想ネット』

での優勝国のオッズでは、案の定、ブラジル が圧倒的だけど・・・
過去のW杯を見ると、南米→ヨーロッパ→南米→ヨーロッパと繰り返してて、「前回が南米だから、今回はヨーロッパか?」などと言った会話がされる。
ロナウジーニョ と カカ と言った、二人の指揮者を擁して、ポスト・ロナウドとも言われる ロビーニョ の出現もあり、攻撃力だけを見れば、間違いなく、優勝候補なんだけど・・・危ない気がする。

俺が、どの国に投票したかは、今は書かないけど、4ヶ国に投票してて、ブラジル には投票してないです(^^ゞ
一つには、オッズが低いからって理由(笑)

皆の予想は、どこの国だろうね・・・・・
02:38 | サッカー | comments(0) | trackbacks(0)
参加中ブログランキング→
良ければ、レビューしてちょ
Comment
コメントする   コメントの際、必ず、こちらを御読みください。









この記事のトラックバックURL   トラックバックの際、必ず、こちらを御読みください。
url: http://soliloquy.pare-world.net/trackback/252305