独り言@パレWorld

日記って苦手で、とにかく、思い付いた時、吐き出したい時に活用する、完全に、パレの主観による、プライベートスペース。
沢山の友達が欲しい訳ではなく、感性の近い人と出会いたい
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Google
 
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
パレお勧め
かみさん お気に入り
<< 許せねぇ!!! | MAIN | 年始早々・・・ >>
買ってない人は・・・これ嵌まるよっ! [遊び
PS2 『龍が如く』 The Best版



いや、俺自体、BEST版で、初めてプレイしてます(汗)
宣伝用の、無料版(一部がプレイできる)をプレイした事があったのだけど、さほど、興味は無かったのね。

別の目的で、ヨドバシカメラに行って、目的の物が無くて、そのまま帰ると、駐車場代だけ取られるので、「勿体無いなぁ」と想って、何気なく、PS2のゲームコーナーを見てました。

「おっ、BEST版で再リリースしてる」
溜ってるポイントを使うと、700円で買えたので、衝動買いしました(笑)

いや〜、思いっきり、嵌まってます(爆)
完全に攻略しようと想うと、若干、アクション・ゲーム特有の難しさみたいな場面はあるけど、主なるストーリーを楽しむ分には、アクション・シーンも、そんなに難しくないと思います。

その意味で、この価格で、ここまで楽しめたら、セガ に「ありがとう」って感じです。

CMなどで知ってる人は、解る通り、主なるストーリーは、ある一人の極道者のストーリーなので、女性が楽しめるとは言えないだろうね(^^ゞ

巧いと想ったのは、サブストーリーもそうだけど、スロット、カジノ(ルーレットやBJなど)、UFOキャッチャーなどのミニゲームを、街で遊ぶみたいに、一緒の世界に取り入れて居ること。

ストーリーだけを追っても良いし、「ちょっとスロットをやって行くかぁ」と、寄り道して良いってことで、飽きません。

まあ、サブストーリーの中には、時間制限があるものがあるので、そのストーリーが始ったら、寄り道すると失敗することもあるけどね。

ネタバレをさせるつもりは無いので、どうしても、攻略できないとか、より深く楽しみたいってことでの情報なら、下記のサイトへ↓(順不同)


サイト名:[龍が如く 攻略・情報 〜Wikiの花屋〜]
URL : http://www7.atwiki.jp/hanaya/
パレのコメント:ここを基本のデータベースと想って良いくらい、整理された情報が揃ってると思います(Wikiシステムなので)。


サイト名:[龍が如く 攻略裏技屋]
URL : http://www.gamelove.jp/ryu/
パレのコメント:ここも、綺麗に整理された情報が魅力で、特に、お店などの景品データに、お世話になりました。

上記以外にも、そこでしか手に入らない、レアな情報を掲載してるサイトも多数あるので、上記を1例にして、探してみると良いと思います(キーワードを上手く使って検索)。

ちょっとだけ、俺のプレイで得た、ヒントを・・・(ネタバレを防ぐ為、プレイしてる人にだけ解るキーワードで説明します)

☆ 金の皿を沢山売る方法
カジノは、プレイ自体は、どちらでも良いけど、景品交換は、賽の河原でするのが楽。
アイテムを持てる最大は9個なので(武器を除く)、まずは、空にして行き、MAXの9個を交換。
カジノを出て、向かいの闘技場へ。
アイテムボックスへ全部入れて、そのまま出るを繰り返す。
「参加するか?」で入ったのに、一度も戦わずに、出られることを利用しよう。
アイテムボックスが一杯になったら、賽の河原を出て、タクシー→中道通り→えびすや→タクシー→公園前通り を繰り返す。

☆ 謎の殺し屋が倒せない(いや、アクション・ゲームが得意な人には、関係無いです)
ある特製(?)の武器が必要です(情報サイトを探索)。
それを入手したのに、失敗する人は、多分、□ボタン連打から、必殺(ヒート状態から)の△ボタンへ以降してると思います。
□ボタンを連打し続けてみてください。
ある事に気付きます(笑)
これに気付くと、「特製○○○○最強!」の意味が解ると思います。
いや、俺も瀕死状態になって、このことに気付いたんです(爆)






楽天で探す



楽天市場
18:18 | 遊び | comments(0) | trackbacks(0)
参加中ブログランキング→
良ければ、レビューしてちょ
Comment
コメントする   コメントの際、必ず、こちらを御読みください。









この記事のトラックバックURL   トラックバックの際、必ず、こちらを御読みください。
url: トラックバック機能は終了しました。