独り言@パレWorld

日記って苦手で、とにかく、思い付いた時、吐き出したい時に活用する、完全に、パレの主観による、プライベートスペース。
沢山の友達が欲しい訳ではなく、感性の近い人と出会いたい
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Google
 
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
パレお勧め
かみさん お気に入り
<< 澤を、BLUESへ(^o^)/ | MAIN | TOTOも荒れた開幕! >>
悔しいが、リアルな理由? [TV-映画
いつもの如く(笑)、時間的に、随分経過してしまった話題ですたらーっ

2月21日に、日本テレビ系で放送された『モクスペ』の話です。

タイトルは、『大統領は私が撃った! JFK事件45年目の衝撃』

「え〜〜、本当かよ〜」と、茶番と想像しつつも、20世紀最大の事件として、俺の興味は高いので、録画予約しました。

メインHPの、【Myブーム】で、【タイムリー】の TV で書いて居るのだけど、基本的に、録画を見るので、大半は、タイムラグがあるんです(笑)

録画再生テレビ

「銭形ってなんだよ〜〜」
やっぱり茶番かよ。

と想ってたら、番組が進むにつれて、どんどん内容自体はシリアスに・・・

正直、ファイルズと言う囚人のインタビューを見た時は、出来過ぎてるって想うほど、淡白な内容だけに、「嘘臭いなぁ」でした。

俺がこう思うのには、別の理由がありました。
過去に、タイトル[33年後かぁ・・]の記事で書いて居るのだけどね、JFK暗殺の背景には、UFOや宇宙人の存在が関係しているように、”期待”してたからです。

今回の番組で見る限り、ケネディ一族の背景にある、マフィアとの関係が、色濃く出されて居る。
悔しいが、見れば見るほど、信じてしまう、〜 そう考えれば納得できる 〜って情報が、どんどん紹介されてしまった。

「まだだ」と、ファイルズの証言を信じてしまいそうになることへ、ブレーキをかける俺が、衝撃を受けたのは、音声解析で有名な、日本音響研究所の、所長:鈴木松美氏による、解析結果・・・じゃ無くて、当時、現場に居たとして、フィルム映像に残って居る、少女の証言でした。

パン・・・・パンパン・・・パン

45年後の彼女が、当時の記憶によって、こう表現した瞬間、鳥肌が起ちました。
同時に、ここまでに、ファイルズの証言を立証へと導く、数々の検証が、真実味があると、悔しいが想ってしまいました。

ただ、パメラ・レイと言う女性が登場してからの、[ミイラ取りがミイラになる]のような、ファイルズとの異常な人間関係が描かれた後半部分は、[信用する]って意味では、俺にとっては、逆効果になるエピソードですね。

結果として・・・

なぜ今、ファイルズが語りだしたのか?と言うことが、一番の疑問です。
トップシークレットの期限は、後31年。
残りの年数を考えれば、確かに、生きているうちに、そして、記憶が確かで、しっかりと語れることを考えれば、頷けない訳でも無いのですが、語る動機としては、それでも不充分に感じる。

年齢を経て、過去の罪に改心したと見たら、インタビューから見える人間像には、改心は感じられず、強く感じるのは、自慢とも感じる、行為に対する、紛れもない自信が感じられること。

『自分で考えて欲しい』って、どう言う意味だよって感じ。
あれは、日本語訳が駄目で、本来は、別のニュアンスの理由を言ってるいのかな?と。
今になって話した理由が、事実を言って、聞いた人達に対して→『自分で考えて欲しい』って、意味が解りづれぇ〜〜〜(;^^)

自分達は、必要悪であって、排除しようとした、JFK、しいてはアメリカが悪いからだと言いたいのか?
『自分で考えて欲しい』と言うのは、それを考えて欲しいと言う意味なのかねぇ。

33年後かぁ・・]の記事で書いたことなんだけどね。
もしも、これ自体、納得できる、嘘の情報を、わざとアメリカ自体が、リークしていると考えたら、どうだろうってことです。

今まで、無かったとされてた、音声データ
これまで、ほとんどマスコミの前には、出なかったと言う、目撃者の元少女
事件当初、当然、徹底して行われたであろう、現場検証などでは出なかった、住民が見つけたという薬莢

一番気に成るのは、ファイルズが使用した銃が、1発しか装填できない[ファイヤーボール]と言う、マニアックな銃だったこと。
1発だけって言うのも、不思議なんだけど、何より、稀少な銃ってこと。
素人の考えだけど、広く使われて居る、メジャーな銃を選択した方が、操作を複雑にすることが可能なように想う。

もしも、尤もらしいシナリオを作り、それを元に、”後から”、この登場人物(犯人・証言者など)と、証拠を出現させることは、不可能なのだろうか?と考えると、不可能には想えないんだよねぇ。

なんと言っても、45年が経過している訳で、人知れず、シナリオに沿った、情報操作が進行して居たとしても、不思議では無いように想う。

って言うか、この記事タイトルに関るんだけど、事件の背景が、こんなリアルな理由では、納得”したくない”って言いたいのよ。
単に、UFOや宇宙人に絡めた話が聴きたいってだけだと想うけどね(;^^)

それでも、ますます、31年後には、もっと尤もらしい、別の真相が公開されて、実は、真相は闇の中へとなるように想えてならない。

気持ちの悪い話しなんだけど・・・
錯覚だと想うのだけど、ファイルズと言う人物と、目撃者として出た、ローズメリーも、デジャ・ヴュのように、見覚えがあるんだわ。
映画なのか、TVドラマなのか、とにかく、最初に映像を見た瞬間に、<この人、見たことあるなぁ>と、感じてるのよ。

単に、他人の空似なのか、本当に、デジャ・ヴュなのか、それとも、俳優or女優なのか・・・・


01:42 | TV-映画 | comments(0) | trackbacks(0)
参加中ブログランキング→
良ければ、レビューしてちょ
Comment
コメントする   コメントの際、必ず、こちらを御読みください。









この記事のトラックバックURL   トラックバックの際、必ず、こちらを御読みください。
url: http://soliloquy.pare-world.net/trackback/797828